全遊動式テンビン (ぜんゆうどうしきてんびん)

分類:

dsc02463

道糸がテンビンのガイドを自由に通る仕組み。魚がエサを食い込んだ際に抵抗が少ないので置き竿に向いている。上側の輪が小さく下側の輪が大きい。

天秤 (釣り具)

天秤は釣りに使う仕掛けの部品のひとつで、道糸と鉤素(はりす)とおもりを接続し糸のからみを防ぐためのもの。主に投げ釣りで使われる。片天秤(固定式)、遊動式、両天秤、ジェット天秤、海草天秤などの種類がある。また絡みを防ぐためだけでなく、仕掛けを遠くに飛ばす役目や、当たりを伝えやすくする役目、仕掛けが流されにくいようにする役目など様々な用途でも使われる。それぞれ用途や状況によって種類の使い分けが必要である。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき天秤 (釣り具) – Wikipediaより転載したものです。