ヤード (やーど)

分類:

長さの単位。1ヤード約91センチ。釣りではラインの長さを用いる際によく用いられる。

ヤード

ヤード (yard) は、ヤード・ポンド法における長さの単位である。日本では少数の例外を除き、他のヤード・ポンド法の単位同様、ヤードの使用は禁止されている(ヤード・ポンド法#歴史#日本)。
ヤードの単位記号は、ISOにおいてもJISにおいても「yd」と定められている[1]。これを受けて、日本の計量法でも単位記号は「yd」としている[2]。漢字で碼と書くことがある。日本語では、特に布地の長さについてヤールと呼ぶ場合もある。
現在では、国際単位系のメートルを基準として、1 ヤードは正確に 0.9144 m と定義されている。1 ヤードは 3 国際フィート に等しい。1 国際フィートは 12 インチであるので、1 ヤードは 36 インチになる。1 国際マイルは 1760 ヤードである。
ヤード・ポンド法という名前に使われている通り、ヤードはこの単位系における長さの基本単位であり、その他の単位はヤードの分量・倍量単位となっている。しかし、実際にはフィートを元にして組み立てられた単位が多い。ヤード・ポンド法に時間の単位秒を加えた単位系は、foot, pound, second の頭文字をとって FPS 単位系と呼ばれている。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきヤード – Wikipediaより転載したものです。