夜光虫 (やこうちゅう)

分類: /

海洋性の発光プランクトンの総称で、主にノクチルカ、シンチランスといったプランクトンを指す。刺激を与えると青白く発光する。

ヤコウチュウ

ヤコウチュウ(夜光虫、Noctiluca scintillans)は海洋性のプランクトンで、大発生すると夜に光り輝いて見える事からこの名(ラテン語で noctis ‘夜’+lucens ‘光る’)が付いたが、昼には赤潮として姿を見せる。赤潮原因生物としては属名カナ書きでノクチルカと表記されることが多い。動物分類学では古くは植物性鞭毛虫綱渦鞭毛虫目、最近では渦鞭毛虫門に、植物分類学では渦鞭毛植物門に所属させる。一般的な渦鞭毛藻とは異なり葉緑体は持たず、専ら他の生物を捕食する従属栄養性の生物である。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきヤコウチュウ – Wikipediaより転載したものです。