割りビシ (わりびし)

分類:

dsc02480

ラインにとめやすいように割れ目が入っている小さなオモリのこと。カミツブシと同義。

オモリ (釣具)

オモリとは、ライン(釣り糸)に付けて、仕掛けを目的の水深や場所に投入するための道具。ウキ釣りでは、ウキがうまく立つように浮力を調整したり、投げ釣りでは仕掛けを遠くに飛ばすために使用される。ハリス(鉤素)にオモリを使うことはあまりない。フライフィッシングでは、オモリではなくシンカーを使うが、ガン玉や割ビシなどで、代用することが出来る。

仕掛けへの装着方法による分類

ラインをはさみこみ固定するタイプ
割ビシ、ガン玉、アユ玉、スプリットショットなど
細ラインの場合は、はさむタイプのオモリにティッシュペーパーをはさみ、ラインに傷がつかないようにすることがある。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきオモリ (釣具) – Wikipediaより転載したものです。