潮汁 (うしおじる)

分類:

魚を昆布と塩のみで味付けした汁物。魚のアラを使うことが多く、釣り人の定番料理として定着している。

潮汁

潮汁(うしおじる)は、魚介類を使用した吸い物の一つである。
出汁を使用して塩を主に味付けした汁物料理である。具から出る旨味を利用したものであり、漁師料理がルーツともされ、潮煮、うしお(潮)と記される事もある。
基本的に臭いやクセの無い白身魚が使用される事が多く、香辛料は使用せず吸い口に木の芽を浮かべる程度である。
ハマグリの潮汁は、ひな祭りの定番品であり、その認知度は高い。 シジミも、一般的には味噌汁にする場合が多いが、一部では味噌を入れずにシジミ汁として潮汁風に仕上げる場合がある。ただし、その場合は臭いを抜くために、日本酒や醤油、刻みネギを用いる事が多い。 鯛も用いられる。
似た料理に、三平汁、宗谷鍋、あら汁、船場汁がある。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき潮汁 – Wikipediaより転載したものです。