ウマヅラ (うまづら)

分類: /

ウマヅラハギのこと。淡白な白身の魚で、その刺身はフグにも例えられ美味である。またカワハギ同様肝が美味しいことで知られている。

ウマヅラハギ

ウマヅラハギ(馬面剥、学名:Thamnaconus modestus)は、フグ目カワハギ科に属する魚。

分布

北海道以南の日本近海から東シナ海、南シナ海にかけての海域に生息する。

形態

体長25cmで、体型はカワハギに比べるとやや細長くなる。体色はやや薄い青灰色だが、個体差がある。鰭は緑青色。また、後頭部に一本の大きなトゲがある。顔面は長く、馬の顔を連想させることから馬面のカワハギ、略してウマヅラハギの名になった。

生態

カワハギよりやや沖合の深場に生息。海底から中間層を群れで泳ぐ。また、ヘドロなどの悪条件への適応力が強いため、時折大発生することがある。産卵は6-7月ごろ。

利用

本種は食用となり、肉質はクセが少ない白身で、脂肪分は約0.2%で低カロリーである。そのため、味はカワハギに比べるとやや劣るとされる。カワハギよりやや身が固く、肝はやや大きい。肝臓の部分は、ポン酢醤油で生食すると美味。他には、煮付け、刺身、ちり鍋、みりん干しなどの調理法がある。
漁獲方法は底引き網、定置網などの方法が一般的だが、マダイ釣りの外道として釣れることも多い。釣りでは、餌取りが上手いので嫌がられることがある。 また、網漁でも、棘が網に絡んで破れることがあるため嫌われていたが、近年では需要の増加により、かつてほどは嫌われなくなってきている。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきウマヅラハギ – Wikipediaより転載したものです。