ウキ釣り (うきづり)

分類:

浮力のあるウキという釣り具を道糸に取り付け、餌を海面から一定の深さに沈め、その層にいる魚を狙う釣り方。ウキには多様な種類があり、また多様な釣り方がある。

浮き

釣り糸の途中に取り付け、釣り針を一定の水深に保つとともに、魚が釣り針の餌を食べていること、魚が釣り針に掛かったことを知るために用いる。また、釣り針の餌を含む仕掛けを遠投する役割を持つことがある。浮きは用途によりさまざまな形状がある。平常時の浮きの姿勢を保つために、釣り糸の途中に錘(オモリ)を取り付けることがある。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき釣り – Wikipediaより転載したものです。