テーマ別

トラウト(とらうと)

分類: /

マスのこと。様々な種類のものがいる。

マス

マス(鱒)は、サケ目サケ科に属し日本語名に「マス」がつく魚、または日本で一般にサケ類(シロザケ(いわゆる鮭)、ベニザケ、キングサーモンなど)と呼ばれる魚以外のサケ科の魚をまとめた総称。

概要

タイヘイヨウサケ属、タイセイヨウサケ属、イワナ属、コクチマス属、イトウ属などの魚を含む。
サケとマスの境界が厳密でないため、国により区分方法が異なる。たとえば英語圏でキングサーモンはサケに区分されるが、日本では同じ魚をマスノスケと呼びマスとして区分している。
英語では、サケがSalmon、マスがTroutに対応している。 単にtroutというと淡水産を意味し、海産のものはsalmon troutと呼ばれるが、シートラウト(Sea trout、ブラウントラウトの降海型、Salmo trutta morpha trutta)という例外もある。(⇒ サケ類#サケとマス)
サケ目サケ科以外の魚種であるニベ科ナガニベ属には、スポッティドシートラウト(Spotted sea trout)と呼ばれるマスもいる。
マスは淡水の川や湖、また一部は海洋に生息し、北アメリカ、北アジア、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドに分布している。 ほとんどの種が美味であるか、毒性がなく独特のうまみがあるため、世界的に食用にされる。
一般に「マス」という言葉が指すのはサクラマス・サツキマスまたはニジマスだが、他の魚を指す場合もある。
スウェーデンでは、シロマス(シナノユキマス)の卵のロイロムが希少であるため高価とされている。
日本で最も漁獲量が多いマスはカラフトマスであり、サケ類の中でもサケの次に多い。鮭缶の原料もこの魚である。カラフトマスのイクラは日本では外食産業向けとされているが、ロシアではシロザケのものより高級とされている。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきマス – Wikipediaより転載したものです。

投稿ナビゲーション

分類: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー