テンカラ釣り (てんからづり)

分類: /

毛針を用いたリールを使わない渓流釣りのこと。

テンカラ釣り

テンカラ釣り(テンカラつり)は、毛針(毛鉤)を使う日本の伝統的な釣りである。

概要

河川の中でも特に上流域である渓流を主な釣り場とし、水生昆虫を捕食するマス類を対象とする。竿と毛針と釣り糸のみの仕掛けが特徴であり、手軽な釣り方の一種である。
元々は川漁師が行っていた釣り方であり[1][2]、とても手返し[3]がよく釣ることができる反面、難易度の高い釣り方でもある[疑問点 – ノート]。現在、渓流釣りの中でも注目されていてブームになりつつある。テンカラ釣りのできる管理釣り場もある。
「テンカラ」の語源や由緒は現代に伝わっていない[4]。識者や釣り人の間では多種多様な考察や憶測、語源にまつわる会話が交わされているが[5]、はっきりしたことは現在まで分かっていない[4][5]。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきテンカラ釣り – Wikipediaより転載したものです。