ソナー (そなー)

分類:

超音波を水中に発することで物体の位置を測定し、画像化する機器の事。船の真下を探知する魚群探知機に対し、周囲方向を探知できるものをソナーと呼ぶ。

ソナー

ソナー(SONAR、Sound navigation and ranging、ソーナー)とは、水中を伝播する音波を用いて、水上船舶や潜水艦、水中や海底の物体を捜索、探知、測距する装置である。超音波探信儀とも呼ばれる。水中測的のための音波発信装置と聴音装置の組み合わせで、振動子や検知器を中心とした探知システム全体を指す。通常は超音波を使い、音波を発射し、物体からの反射によって距離や方位を探知するが、反射ではなく水中の物体が発する音を探知・測定するタイプもある。
軍用品として、自ら音波を発するモードや自らは音波を発せずに聴音するだけのモードを組み合わせた複雑で大規模な水中測的装置から、レジャー用を含む簡易な魚群探知機まで、多様なソナーが存在する[出典 1]。水深を測るのにも使用され、船の航行速度を測るドップラー・ソナーも存在する。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきソナー – Wikipediaより転載したものです。