スロープ (すろーぷ)

分類:

船やボートを水面に出し入れする為に作られた場所で、傾斜になっている。魚が居着くため好ポイントとなっている。

斜路

斜路(しゃろ)は、進行方向に、人間が認識できる程度以上の勾配を持つ道路または通路。
歩行者通路の場合スロープという言い方の方が普及している。斜路は自然な坂に道路を作った場合自然に発生するが、人為的に作られる場合も有る。人為的に斜路が作られた歴史は浅く、一つには自動車を初めとする車両の発生とモダニズム建築において斜路の造形が好まれたことが挙げられる。現代、先進国では福祉的意味合いで公共施設などでは斜路が法的強制力を持って設置される場合が多い。

乗船用の斜路

岸壁と船の間をつなぐ通路は、水面の高さが潮汐作用により変化するので、斜路(スロープ)となる。特に自動車が乗り込むフェリーボートでは、船の甲板側に可動性のある斜路を設置していることが多い。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき斜路 – Wikipediaより転載したものです。