白灯台 (しろとうだい)

分類:

青灯台とも呼ぶ。沖から港口に入港する際、左側に見える灯台。右側に見えるのは赤灯台となる。

分類

灯台の設置場所・役割による分類
沿岸灯台(岬や沿岸の顕著な場所に設置されているもの)
防波堤灯台(港湾や漁港の防波堤の先端に設置されているもので、港に入る時「右側が塗色赤・灯色赤」「左側が塗色白・灯色緑」と海上保安庁が規定[1][2])

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき灯台 – Wikipediaより転載したものです。