潮目 (しおめ)

分類:

2つの違った潮の流れが接している境界線のこと。プランクトンが多いため小魚が集まる。

潮目

潮目(しおめ、current-rip[1][2])とは、局所的な表面の流れの収束線をいう。多くは潮境が海面に現れたもの。強い収束によって、泡や、海藻、木片などが集積していたり、鏡のような海面にさざ波が立っていたりするので、肉眼でも識別できることが多い。顕著な潮目は著しい不連続性を示し、わずかな距離で水温が数度も変化することがある。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき潮目 – Wikipediaより転載したものです。