叉長 (さちょう)

分類: /

釣った魚を計量する際に用いられる計り方の一つ。頭の先端から尾ヒレの中心に至る長さを計る。尾叉長とも呼ぶ。

動物の長さの測定法

魚類の場合、吻端から尾びれ末端までを全長と呼ぶが、タイなどのように二叉状の尾びれを持つ場合、尾びれを自然にひろげた状態か、自然にすぼめた状態かで全長が変わる。これは計測者によっても異なるが、基本的には自然にひろげた状態である。二叉状の尾びれを持つ魚では、尾びれ末端は欠損しやすいので、尾びれの中央のいちばん窪んだ部分を基準とした尾叉長が使われることもある。
尾びれは破損しやすいので、魚類学や水産学では全長の代わりに標準体長が使われることも多い。標準体長とは吻端から尾柄部の椎骨の末端までの長さである。外見からは、水平な台の上に置いた魚体の、尾びれの付け根の肉が薄くなっている部分で、骨がないためにそこから尾びれを急角度に折り曲げることができる部分が椎骨の末端にあたる。 なお、標準体長を省略して体長とよぶことは好ましくない。標準体長はあくまで標準体長である。標準体長は英語の Standard Length を日本語に翻訳したもので、原語にはBody(体)という単語はない。
また、チゴダラやソコダラの仲間のように、体の後方が先細りになっていて採集する際にちぎれやすい魚種の場合には、吻端から肛門までの長さをもって肛門前長として指標に用いる場合もある。そのほかにも種と目的によってさまざまな計測法がある。
魚類では、水産学や生物学的研究のための測定法と、釣りでの測定法とでは内容が異なる場合がある。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき体長 – Wikipediaより転載したものです。