冷水病 (れいすいびょう)

分類:

サケ、マス、アユなどに感染する感染症。致死率が高い病気で、貧血、体色の白濁、鰓蓋下部の出血、体表に潰瘍などの穴あきの症状が出る。

冷水病

冷水病(れいすいびょう)は、サケ、マス、アユなどに発症する致死性の感染症。英語病名cold water disease を直訳し、冷水病と呼ばれるようになった。
低水温期に発生する北米のサケ・マスの病気として知られていた。1984年にフランスのニジマスで発生が確認された。 日本ではギンザケ、ニジマスで1985年頃からみられる[1]ようになっており、1990年にギンザケで発生が確認された。 アユでは1987年に徳島県の養殖場で琵琶湖産稚魚から病原菌が確認された後、全国的に拡大。 遊漁用に放流されたアユと同水域に生息するウグイ、オイカワ、ヤマメなどからも菌が検出されるが、発症はしていない保菌状態が多いと見られるが、発症例も報告されている[2]。魚種により病原体への感受性は異なる事が報告されている[2]。また、アユの系統(湖産、海産)によっても病原体に対する感受性は異なっている[3]。
養殖用にギンザケ卵が輸入されていたことから、国内の冷水病はこの輸入卵に由来すると考えられていたが、病原菌の遺伝子分析などから、ギンザケの菌とアユの菌は、由来が異なると考えられている。
国内への進入経路は不明。国内での感染経路は、琵琶湖産保菌種苗稚魚と考えられる。しかし、琵琶湖への侵入経路も不明。 全国のアユ養殖場で湖産種苗、人工種苗、海産種苗の何れにも発生している。
人間への感染は確認されていない。

特徴

発生水温は12~26℃。16~20℃での発病例が70%以上。
体表の白濁、鰓蓋下部の出血の他、体表の潰瘍等の穴あき、貧血を症状を発症し死ぬ。
稚アユでは、輸送2~3日後に急激に大量死、その後も続く。
養殖場で冷水病が発生すると、その排水が流れ込んだ川でも発生する。
保菌アユを掬ったタモ網や、長靴などが感染源となったとされている。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき冷水病 – Wikipediaより転載したものです。