卵胎生魚 (らんたいせいぎょ)

分類: /

親の輸卵管というふくれた部分で発育し、ある程度成長してから生まれる魚のこと。代表的なものでエイ、カサゴ、メバルなどがいる。

卵胎生

卵胎生(らんたいせい、英語:ovoviviparity)とは、動物のメス親が、卵を胎内で孵化させて子を産む繁殖形態である。
哺乳類以外の動物は一般には卵を産むが(卵生)、魚類・爬虫類・貝類等の一部に卵胎生が見られる。

概要

卵胎生は、卵を胎内で孵化させるものを指す。 卵胎生では、子が利用する栄養は卵内のもの(卵黄)だけで、ガス交換以外には母体からの物質供給に依存しないのが原則である。
魚類の多くは卵生で交尾をせず体外受精するが、魚類でも卵胎生の種の一部には体内受精の必要性から交尾・交接をし、オスの尻びれが交尾器・交接器として発達しているものがみられる。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき卵胎生 – Wikipediaより転載したものです。