ポンド (ぽんど)

分類:

ラインの引っ張り強度の単位の一種。「号」がラインの太さを表すのに対して、ポンドはラインの強度を表す。ラインの種類によって強度は変わってくるが、一般的にナイロンライン1号の太さで4ポンドくらいの強度のものが多い。

ポンド (質量)

ポンド(オランダ語: pond)またはパウンド(英語: pound)は、ヤード・ポンド法などにおける質量の単位である。1959年以降(ただし日本では1993年以降)は、1 ポンド = (正確に)0.453 592 37 kg である。
単位記号はlbである。日本の計量法でも同じである[1]。イギリスなどの通貨単位ポンドは同一語源(ラテン語で重さを表すpondus)で、多くの言語で同じ名称だが、記号は異なる。日本では听の漢字を当てていたことがある。
同じ「ポンド」という名称で、少くとも4種類の異なる質量の単位があった。このうち、トロイポンドと薬用ポンドは同じ値である。
常用ポンド (avoirdupois pound) または国際ポンド (international pound) – 常衡
トロイポンド (troy pound) – トロイ衡
薬用ポンド (apothecaries’ pound) – 薬衡
メートルポンド (metric pound) – メートル法
現在では単に「ポンド」と言えば常用ポンドのことを指す。これはイギリスにおいても同じである。ただし、オンスについては、常用オンス(ounce (avoirdupois)、28.349 523 125 グラム)とトロイオンス(troy ounce 31.103 4768 グラム)の両方が法定されている[2]。
1959年7月1日以降、1常用ポンドは0.453 592 37キログラムに等しいと定義されている[3]。以下、特に説明のない場合、単に「ポンド」と書いた時は常用ポンドのことを示す。
ヤード・ポンド法の質量の単位には他にオンス (oz)、グレーン (gr)、トン(英トン、米トン)などがある。現在では、1ポンド = 16オンス = 7000グレーンと定義されている。なお、1グレーンは、常用ポンドでもトロイポンドでも、同じ質量である。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきポンド – Wikipediaより転載したものです。