ペンシルベイト (ぺんしるべいと)

分類:

dsc02378

名前の通り棒状のボディーに、フックがついたシンプルな形状をしているハードルアー。形状がシンプルな分アクションもシンプルなため、ロッドワークが非常に重要になってくる。

ペンシルベイト

棒状のボディに針が付いただけの最もシンプルな構造。棒状といっても文字通りただの棒から、もっと太く卵に近い形のもの、本物の魚にリアルに似せたものなど様々。内蔵ウェイトの位置と重さで、浮いたときの角度がほぼ水平から垂直まである。特別な機能は持たず、糸を巻くだけでは何もしてくれないので、ロッドアクション(竿の振り)によって数パターンの決まった動きをさせる。頭を左右へ交互に振るドッグウォーク。水面を左右に滑るように動かすスケーティング、水鳥のように頭から水中につっこむダイビングなどのアクションがある。また、ペンシルベイトはウォーキング・ザ・ドッグとスキーイングに分けることが出来る。ウォーキング・ザ・ドッグは直立し、スキーイングは斜め立ちする。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきルアー – Wikipediaより転載したものです。