オキアミ (おきあみ)

分類: /

正式名称は南極オキアミ。海釣りの定番餌として用いられ、マキエとしても使用される。一見エビに似ているがプランクトンの仲間で、体長は3センチ前後。

オキアミ

オキアミ(沖醤蝦 英: Krill)は、軟甲綱 真軟甲亜綱 ホンエビ上目 オキアミ目に属する甲殻類の総称。形態はエビに似るが、胸肢の付け根に鰓が露出することなどで区別できる[1]。体長3~6cmプランクトン生活をおくる。食用、釣り餌、熱帯魚の餌(クリル)などに利用される。殻ごと干した干しエビや熱帯魚の餌(クリル)、調味用の魚醤(蝦醤、トラシなど)や塩辛、魚肉ソーセージの原料としても知られる。ヒゲクジラ類の主要な餌料。

特徴

外見的には遊泳生のエビ類によく似ており、頭胸部は背甲に覆われ、腹部は6節からなる腹節と尾節からなる。胸部には8節があり、それぞれに附属肢があるが、エビを含む十脚類ではその前3対が顎脚となっているのに対して、オキアミ類ではそのような変形が見られない。第2,第3節が鋏脚として発達する例や、最後の1-2対が退化する例もある。それらの胸部附属肢の基部の節には外に向けて発達した樹枝状の鰓がある。これが背甲に覆われないのもエビ類との違いである。
なお、よく似たものにアミ目のものがあるが、胸脚の基部に鰓がないこと、尾肢に平衡胞がある点などで区別される。分類上はアミ目はフクロエビ上目とされ、系統的にもやや遠いと考えられている。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきオキアミ – Wikipediaより転載したものです。