練り餌 (ねりえ)

分類:

粉状のエサと水を混ぜ練り合わせたエサ。エサ取りに強く、針持ちがよい。

練り餌

練り餌(ねりえ)とは、 釣り用の餌の一種で、材料を水で練って作ったものをいう。バリエーションは多彩で、最近ではボイリーという硬く茹でた喰わせ餌が海外から入ってきた。

材料

小麦粉、味噌、マッシュポテト、さなぎ粉などが用いられる。

用途

ヘラブナやコイなど、植物性の餌を好む魚を釣るときに用いられる。練り餌は水に溶けて周りに拡散するので、まき餌としての効果もある。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき練り餌 – Wikipediaより転載したものです。