コガネ虫 (こがねむし)

分類: /

正式名称はウチワゴカイ。体色は赤みが強い肌色で、本州中南部以南に分布している。体の後部の疣足が大きくうちわ状になっているのが特徴。カレイ釣りに抜群の効果を発揮するが、国内での採取はとても少なくほとんどが中国や韓国から輸入されたものである。

ゴカイ

ゴカイ(沙蚕、英: Ragworm)は、環形動物門多毛綱に属する動物の一種、Hediste japonicaの和名であったが、近年[いつ?]の研究で近縁な複数の種の複合体であることが判明し、ヤマトカワゴカイ(Hediste diadroma)、ヒメヤマトカワゴカイ(H. atoka)、アリアケカワゴカイ(H.japonica)の3種に分割されている。このため、ゴカイという単一種としての和名は分割後消滅した。
ゴカイに似た形状の多毛類はとくに区別されることなくゴカイ、ゴカイ類と呼ばれることが多いが、これらについては多毛類を参照されたい。
主に釣り餌として使用される。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきゴカイ – Wikipediaより転載したものです。