コブダイ (こぶだい)

分類:

ベラ科最大の魚で体長1m、体重は15キロに達する。体色は紫赤色で、成魚のオスは前頭部にこぶ状の膨らみができるが、メスはそれほど顕著なコブはできない。カンダイとも呼ばれる。

コブダイ

コブダイ(瘤鯛、コブ鯛、学名:Semicossyphus reticulatus)は、脊椎動物門条鰭綱スズキ目ベラ科タキベラ亜科に属する海水魚の一種。

特徴

ベラ科で、雄は体長80cm、大きいもので1mを越え、その外観からダイバーは驚くことがある。体色は茶色や黒、白色などが入った赤色。
コブダイは雌性先熟で、子供の頃はメスで、卵を産む。50センチを超えるとコブが張り出してきて、オスに性転換する[1]。
名前の由来である頭部の上下は大きな瘤状に膨れあがっている。雌はカンダイと呼ばれ、雄に比べて遙かに小さいために、かつては別な種類の魚だとさえ思われており、雄のように頭部が異様な形にはならず、体長も大きくても雄の半分ほどにしかならない。口には巻き貝を砕くために大きな歯と強力な顎を持つ。
幼魚は体色がオレンジ色で上下の鰭が黒く、白い線が体の横に入り、成魚とは大きく異なる。

生態

本種はハーレムを創る魚として有名であり、雄は自分のテリトリーを主張し、そこに入ってきた他の雄を容赦なく攻撃して、縄張りを確保しながら、複数の雌を呼び寄せる性質を持つ。また、幼魚には手を出さず、幼魚はそうして成魚に守られながら成長し、学習していくともいわれる。
非常に強力な顎と硬い歯でサザエやカキ、カニなどをかみ砕き、喉の奥の咽頭歯で更に砕いて中の肉を殻ごと食べてしまう。繁殖は雄と雌が海上付近で体をくねらせながら産卵、受精する。
本種は暖海性だが、死滅回遊魚でもあり、黒潮に乗って、北海道付近にまで北上することもある。
寿命は20歳前後とされている[2]。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきコブダイ – Wikipediaより転載したものです。