片舷 (かたげん)

分類:

船の片側のこと。右を右舷、左を左舷と呼ぶ。

舷(げん)とは、船の側面のことである。船縁(ふなべり)、船端(ふなばた)とも言う。
船首に向かって右側の舷を右舷(うげん、みぎげん)と言い、左側の舷を左舷(さげん、ひだりげん)と言う。「みぎげん」「ひだりげん」という読み方は、日本海軍・海上自衛隊において聞き間違いを防ぐために使われているものである[1]。英語では右舷をスターボード(英: starboard)、左舷をポート(英: port)と言う。
船は、進行方向が他の船にわかるようにするために、左舷に赤色、右舷に緑色の航行灯(英語版)を点灯する。
船では右舷が上席であり左舷は下座になる。船長は階段でも右舷側を使い、船長室も右舷側にあるのが普通である。また、船倉の番号も右舷側から1番が始まる。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき舷 – Wikipediaより転載したものです。