回遊魚 (かいゆうぎょ)

分類: /

定期的に決まった経路を移動している魚のことをこう呼び、そのほとんどが群れで行動する。移動する理由としては索餌のため、産卵のため、越冬のためなど魚種によって様々である。

回遊

回遊(回游、洄游、かいゆう)とは、海や川に生息する動物が、成長段階や環境の変化に応じて生息場所を移動する行動を指す。また、そのような行動をしめす魚を回遊魚と呼ぶ。
1年のうちに外洋を数千km〜数万kmにわたって移動するクジラなどの回遊は、渡り鳥の渡りに相当するものでよく知られている。しかし広義の回遊ではスズキやヒラメのように沿岸の浅場と深場を往復する行動、またはウナギ、アユ、サケなどのように川と海を往復する行動も回遊に含む。このような広義の回遊をおこなう動物は多く、頻度や規模も多種多様である。
回遊はこれらの動物を漁獲し利用する人類にとっても重要な事象となる。

海における回遊

大規模な回遊を行う海生生物は、クジラ、イルカ、マグロ、カツオ、カジキ、サバ、サンマ、イワシ、ニシンなどがいる。これらは高い遊泳能力を備え、餌の発生、水温の変化、繁殖期などの条件に合わせて夏には高緯度地方へ、冬には低緯度地方へという回遊を繰り返す。
たとえば北太平洋のザトウクジラは、夏にはベーリング海周辺まで北上し、冬にはバハ・カリフォルニア半島やハワイ、日本の南西諸島まで南下する。夏のベーリング海では日照時間が長くなってプランクトンが大発生し、オキアミや魚類も増加するため、ザトウクジラはこれらの餌を求めて北上する。また、冬にやってくる熱帯の海では繁殖を行う。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき回遊 – Wikipediaより転載したものです。