自立ウキ (じりつうき)

分類:

下の方にオモリが内蔵されている棒ウキ。水面に浮かべると自ら立つ。

棒ウキ

アタリに対して敏感。流れの速い河川などでは、逆にアタリがわかりにくくなるため適さない。主に流れのゆるい釣り場で用いる。ヘラブナ釣りで高価なものが用いられる場合もある。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき釣り – Wikipediaより転載したものです。