インターラインロッド (いんたーらいんろっど)

分類:

一般的なロッドが外側にガイドが付いているのに対し、ロッドの内部に道糸を通して使う仕組みのロッド。ガイドへの糸絡みがないので、視界の悪い夜釣りなどに適しているが、ロッド内部のベタつきにより飛距離は落ちる。また、ノーマルタイプのロッドよりも感度がよいとされている。