イ貝 (いがい)

分類: /

正式名称はムラサキイガイ。イガイ目・イガイ科に属する二枚貝の一種。全国の内湾に生息し、岸壁・船底・ロープなどに付着していることが多い。一般的にはムール貝と呼ばれ、食用ともされている。

ムラサキイガイ

ムラサキイガイ(紫貽貝、学名:Mytilus galloprovincialis)は、イガイ目イガイ科に属する二枚貝の1種である。別名チレニアイガイ。
ヨーロッパでは同属のヨーロッパイガイ (M. edulis) などと共に食用とされ、洋食食材にする場合は近似種とともにムール貝 (仏 moule)と呼ばれる。日本でも20世紀後半から食材とされるようになり、地方によっては在来種のイガイ (M. coruscus) などとの混称で「シュウリ貝」「ニタリ貝」とも呼ばれる。「カラス貝」「ムラサキ貝」と呼ばれることもあるが、カラスガイ(イシガイ科)やムラサキガイ(シオサザナミガイ科)とは全くの別種である。
食用として利用される一方で代表的な汚損生物ともなっており、IUCNの「世界の侵略的外来種ワースト100」にもチレニアイガイの名で選定されている。

食材

元々日本には生息しない貝でもあり、和食ではあまり利用されていないが、瀬戸内海などで漁獲されるイガイと同様に「瀬戸貝」として炊き込みご飯などにすることがある。旬は、貝が肥える春から夏にかけてである。クロダイ、イシダイなどの釣り餌としても利用される。
洋食では、フランス料理やベルギー料理である白ワイン蒸しやビール蒸し(主にフライドポテトを付け合わせにして「ムール・フリット」として供される)、スペイン料理のパエリア、イタリア料理のスパゲッティ・アイ・フルッティ・ディ・マーレ(海の幸のスパゲッティ)、ギリシャ料理やトルコ料理のメゼなど、ヨーロッパ各地の様々な料理に用いられる。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきムラサキイガイ – Wikipediaより転載したものです。