ホゴ (ほご)

分類: /

カサゴの別称。

カサゴ

カサゴ (笠子・鮋・瘡魚、Sebastiscus marmoratus) は、カサゴ目フサカサゴ科(あるいはメバル科)に属する魚類の標準和名[1]。
全長30 cm。日本近海を含む太平洋西部の暖海域に分布し、沿岸の岩礁や海中林などに生息する。食用魚としてさまざまな料理に用いられる。

形態

最大で全長30 cm[3]、体重2.8 kg[4][注釈 1]。体色は普通、赤色から褐色地に不規則な形状の薄色斑が見られるが、体色や模様は生息環境や個体により変異がある。近縁のメバルに比べて相対的に体の断面が丸く側扁は弱く、眼が小さく、口が大きい。 浅い所に棲むカサゴは岩や海藻の色に合わせた褐色をしているのに対し、深い所に棲むカサゴは鮮やかな赤色である。赤色光の吸収と残留青色光の拡散が起こる海中、すなわち青い海の中では、赤色系の体色は環境の青色光と相殺されて地味な灰色に見えるため、これは保護色として機能する。簡単に言うと、赤い光は海の深い所まで届かないので、赤い色をしたカサゴは敵や獲物から目つかりにくい。これは深海における適応の一つで、実際、深海生物には真っ赤な体色のものが多く見られる。
外部形態の酷似する近縁種ウッカリカサゴ S. tertius との識別は混乱していたが、両者は体表の白点のふちどりの有無などが異なる別種であることが知られている[5]。

生態

分布

日本の北海道南部から朝鮮半島、中国、台湾、および、フィリピンまでの海域に分布する。

生息環境

海岸近くから水深200 mくらいまでの岩礁域に生息する。メバルほど泳ぎ回らず、海底で生活することが多い。昼は物陰に潜み、夜になると餌を探して泳ぎ出す。

食性

肉食性。ゴカイ、甲殻類、小魚などを大きな口で素早く捕食する。

繁殖

卵胎生。体内受精を行い、卵ではなく仔魚を産む。秋に交尾したメスは1- 3ヶ月後くらいに数万尾の仔魚を生む。ただし母胎の仔魚はヒトのように母体とへその緒でつながれるわけではなく、自身が持つ卵黄の栄養分で育つ。なお、同じフサカサゴ科のメバルも胎生であるが、オニカサゴなどは卵生である。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきカサゴ – Wikipediaより転載したものです。