尋 (ひろ)

分類:

両手を広げた長さのこと。基本的に1.5メートル前後のことを指す。主にタナを数字で表す際に用いられる言葉。

尋(ひろ)は、古代の中国や日本で使われた長さの単位であり、現在の日本では主に水深を表すのに用いる。

日本

日本語の尋(ひろ)も両手を広げた長さを指し、同じ由来の「尋」の字をあてている。『古事記』に「八尋殿(やひろどの)」・「八尋和邇(やひろわに)」・「八尋矛(やひろぼこ)」などの語が見える。今では釣り用語や古典祭事において使われている。
紐などの長さを測るときに、紐を両手で持ち、両手を一杯に広げて紐を送る動作を繰り返すと、尋を単位とした長さを簡単に求めることができる。例えば、釣糸を底までたらしてその釣糸の長さを測れば、水深を計測することができる。
旧度量衡法でも、旧計量法施行法でも「尋」は定義されていないが、通常は1尋=6尺とされる。明治時代に1尺=(10/33)メートルとされたので1尋は約1.818メートルということになる。1尋を5尺(約1.515メートル)とすることもある。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき尋 – Wikipediaより転載したものです。