魚拓 (ぎょたく)

分類:

釣った魚に墨を塗りそれを和紙に転写したもので、釣り人の勲章とされている。美しく彩色した美術魚拓、カラー魚拓などもある。

魚拓

魚拓(ぎょたく)とは、釣りで釣った魚の像を、墨を使って紙などに転写したもの。 釣り上げた魚の原寸大の記録を残すために行われる。
魚に直接墨を塗り布や紙に写し取る「直接法」と、魚に布や紙を載せて、上から墨などで色をつける「間接法」がある。
最近では動物愛護の観点から、魚拓ではなく写真を撮りそれに代えることがある。特にルアー・フィッシングの愛好者は、魚を殺さず水に戻す「キャッチ・アンド・リリース」がエチケットになっている。この場合「物差し」と共に写真を撮り、大きさを証明する。
また、この手法になぞらえて、インターネット上のWEBページの内容を、画像として保存するWebサービスを魚拓サービスと呼ぶ[1]。ウェブ魚拓が嚆矢である。
このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき魚拓 – Wikipediaより転載したものです。