ガイド (がいど)

分類: /

dsc02431

ロッドに付いているラインを通すためのリング状の金具のこと。固定されているものを固定ガイド、動くものを遊動ガイドと呼ぶ。

釣り竿

釣り竿(つりざお)とは、釣りに用いられる弾力性に富む細長い棒状の道具。ロッド。大抵の利用されるときは、釣り糸や浮き・釣り針などの部品がついた状態であるが、専用に設計されたものなら付属部品の有無は問われない。

概要

竿は一般に手元から先端に向かって少しずつ細くなるように作ってあり、構造・材質・用途などによって分類される。細くなった先端部より釣り糸が伸び、魚が掛かると強い引っ張りを受けるため、柔軟性に加え相応の引っ張り強度を持つのが一般的である。
運搬や収納に便利なように、何本かの竿を継いで使用する継ぎ竿がある。継ぎ竿では複数の部品で構成され、組み立てる。またこれを手軽に伸び縮みさせることができるようにしたのが、振り出し竿である。振り出し竿では中空になった竿の中に細い部品が仕込まれており、これを引っ張り出す事により組み立あげる。
リールを取り付けることができる釣り竿には、道糸を通すためのガイドが数個付いている。また、ガイドの代わりに釣り竿の内部に道糸を通すことができる中通し竿など様々に工夫された竿が存在するほか、目的に特化した竿も様々に存在する。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき釣り竿 – Wikipediaより転載したものです。

がいど