ギル (ぎる)

分類: /

ブルーギルのこと。

ブルーギル

ブルーギル(英: Bluegill、 学名Lepomis macrochirus) は、スズキ目・サンフィッシュ科に属する魚の一種。北アメリカ原産の淡水魚だが、日本でも分布を広げた外来種である。

形態

成魚の体長は多くの場合20cm前後。日本に生息する個体群の場合最大でも25cm。一方原産地の北アメリカで大規模河川や湖沼では、40cm近くに成長した個体がみられる。体型や色彩に若干の地域変異が認められる。日本に生息するのはアイオワ産(後述)の個体群15尾の子孫である[要出典]。
フライパンに収まりやすい魚=“パンフィッシュ”と呼び習わされるLepomis属の中でもさらに最も体高があるため側面形は円形に近く、体幅は左右に強く側扁する。この体高は成長が進んでから顕著となり、1才令までは細長い体型をしている。口内、唇内側には細かい鋸歯状の歯が並ぶ。
体型に加え胸びれが小さいため直線的な遊泳力はやや弱いが、背鰭、腹鰭、尻鰭はよく発達して細かく体の向きを変える能力に富む。
成長した個体、特にオスは額と下顎-胸部にかけての肉厚が発達する。体色は変異があるが、およそ淡い青緑褐色で、腹面は黄色みを帯びる。群の中で地位の高いオスはさらに胸部がレッドブレストサンフィッシュやピラニア・ナッテリー等がそうであるように赤く染まる。
体側に細い横しまが10本前後ある。左右の鰓蓋の上部に突出した皮弁があり、その部分が紺色になっている。この部分に由来して”Bluegill sunfish”(ブルーギル・サンフィッシュ : 青い鰓蓋のサンフィッシュ)、略してブルーギルと呼ばれる。

生態

原産地は北米大陸東部。 淡水性。湖や池といった止水域や流れのごく緩やかな河川に生息する。山上湖〜河口、気水域まで、生存可能な水温水質の幅は広く、溶存酸素が不足していなければ水質汚濁にも比較的強い。 身を隠すのに適し水流を遮ってくれるような障害物や複雑な水中地形の場所を特に好み、そのような環境では多くの個体が密集する。若い小型個体は表層近くで活発に動き回るが、よく成熟した大型個体は深い位置であまり動き回らずにいる傾向にある。
雑食性で水生昆虫・甲殻類・貝類・小魚・魚卵などいろいろな小動物を捕食するが、餌料生物が少ないときには水草も食べる。大型個体はブラックバスの巣を襲い、親魚の隙を突いて卵や仔魚を捕食することもある。
繁殖期は春〜夏。この時期になるとオスは縄張り意識と闘争性が極度に高まるとともに、水底の砂泥を口で掘って浅いすり鉢状の巣を作り、メスを呼びこんで産卵させる。産卵・受精が終わった後もオスは巣に残り、卵に新鮮な水を送ったり、ゴミを取り除いたり、卵を狙う他の動物を追い払ったりして卵を守る[1]。仔魚が孵化した後もしばらくは仔魚の保護を行う。仔魚の生存率は4パーセントほど[要出典]。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきブルーギル – Wikipediaより転載したものです。