ガンガゼばさみ (がんがぜばさみ)

分類: /

ガンガゼを挟んで持つための道具。ガンガゼのトゲには毒があるため、ガンガゼばさみで掴みハサミでトゲをカットして使用する。

ガンガゼ

ガンガゼ(岩隠子)、学名 Diadema setosum は、ガンガゼ目・ガンガゼ科に属するウニの一種。長い棘に毒があり、刺さると激しい痛みをおこす。

特徴

全体に黒紫色。殻は薄くて脆く、径は5-9cm、上から見るとほぼ円形で底が平らな半球形をしている。生時は肛門の部分が袋状に膨らみ、その開口部周辺が黄色いのでよく目立つ。また、殻の側面やや上に五個の白い点がはっきり見える。これが青いものや、刺の合間に鮮やかな模様が見られる例もある。
棘は長いものは30cmに達し、本体に比べて著しく長い。上向きの棘が長いが、下側は短い。若い個体では棘に白の横縞模様が見られる個体もある。

毒性

ウニの棘を怖がる向きもあるが、一般的なウニであるムラサキウニやナガウニ、バフンウニなどは、手に乗せて多少押しつけるなどしてもそうそう刺さらず、刺さったとしてもほとんど深傷にはならない。しかしガンガゼの長い刺は細くて鋭く、その先端はごく容易に人の皮膚に突き刺さる。表面に逆刺があり、しかも折れやすいために、皮膚内部に折れて残ることが多く、ひどく痛む。南日本の海岸で見られるウニとしてはほとんど唯一気をつけるべき種である。なお、ガンガゼ以外で有毒なウニとして知られるラッパウニ、イイジマフクロウニなどはむしろ棘が短く、バフンウニに似た形状をしている。
日本本土の海岸では、たいてい岩陰から棘だけが出ている。棘は非常に長いので注意すれば判別も容易だが、物陰だけに気が付かずに触れてしまう例も多い。中には遊泳中に波にゆられて接触したために刺された例もある。後述の近縁種も含め、分布域内の岩礁域では十分な注意が必要である。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきガンガゼ – Wikipediaより転載したものです。