外来魚 (がいらいぎょ)

分類:

海外から日本に持ち込まれた魚。在来種や生態系への影響が近年問題視されている。

外来種

外来種(がいらいしゅ)とは、他地域から人為的に持ち込まれた生物のこと。生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる。
類義語に移入種、帰化種、侵入種、外来生物がある。英語では「alien species」もしくは「invasive species」という。ただし「invasive`species」については、在来種(後述)でありながら、人為的な影響によって分布域の爆発的な拡大や生息(生育)数が激増し、生物多様性および生態系サービスへ悪影響を及ぼしている種に対して「native invasive」という呼び方もする場合もあり、英語表記において最も誤解が少ないのは「Invasive Alien Species」である。
外来種に対して、従来からその地域で生息・生育するものは在来種と呼ばれる。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき外来種 – Wikipediaより転載したものです。