テーマ別

トップページ>釣り用語>>クランクベイト

クランクベイト(くらんくべいと)

分類:

dsc02405

丸っこい小魚のような形状をしたルアーで、リップと呼ばれるベロのようなプラスチック板がついている。浮力が高いため水面に浮くが、リールを巻くと規則正しく左右に動きながらリップの長さに応じてどんどん潜っていく。浅場を狙うシャロークランク、中層を狙うミディアムクランク、深場を狙うディープクランクなどの種類がある。

クランクベイト (Crankbait)

丸みを帯びたミノーのような姿。ミノーに比べてずっと大きなリップを持つ。リップが体側方向に沿って長くまっすぐなほど深く潜ることが出来る。狙う水深によって、シャロークランク(約0-1m)、ミドルクランク(約1-3m)、ディープクランク(約3-5m以上)と分類できる。ミノー同様、ほぼ全てが水に浮くフローティングタイプだが、ごく少数、サスペンドタイプも存在する。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきルアー – Wikipediaより転載したものです。

投稿ナビゲーション

分類:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト