潮汐 (ちょうせき)

分類:

潮の満ち引きのこと。月と太陽の引力によって引き起こされる。

潮汐

潮汐(ちょうせき、英語: tide)は、主に他の天体の潮汐力により、天体の表面などが上下する現象である。
地球の海面の潮汐である海洋潮汐・海面潮汐が広く知られているが、湖沼でも琵琶湖、霞ヶ浦程度の大きさがあれば起こる。また液体でなくても、大気(大気潮汐)や固体地球(地球潮汐)にも、また他の天体でも起こる。
しおともいう。漢字では潮と書くが、本来は「潮」は朝のしお、「汐」は夕方のしおの意味である。なお原義としてはこれだが一般には海に関するいろいろな意味で「潮」が(まれに「汐」も)使われる。
海(や大気)のように天体の表面が流体で蔽われている場合、潮汐にともない、表面が下がるところから上がるところへ流体が寄せ集められるために流体の水平動が生まれる。これを潮汐流(潮流とも)という。潮汐という言葉でこれを指すこともある。
海面は潮汐力以外の要因でも上下し、気圧差や風によるものを気象潮という。代表的な気象潮は高潮(たかしお)である。気象潮と区別するため、潮汐力による潮汐を天体潮・天文潮ということがある。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づき潮汐 – Wikipediaより転載したものです。