キャッチアンドリリース (きゃっちあんどりりーす)

分類:

釣った魚をその場で逃がすこと。

キャッチアンドリリース

キャッチ・アンド・リリース(キャッチ&リリース、再放流)とは、釣りで釣った魚を生かしたまま、釣った水域、地点で同所的に放流する行為である。
釣りにおいてその漁獲目的が魚の商業利用や自家消費でなく純然たる遊漁である場合、無益な殺生を避け、また生物資源の保護という観点から釣った魚をその場で水に戻すことが望ましいとされた。しかしながら根本的には人間が楽しむ反面、魚に多大な恐怖を体験させることになることになり業の深い行いであることは否定できない[要出典]。このため動物虐待とされる事もあり、賛否がある。
法令等の規制により、リリースが義務化されている事もあれば、逆に、リリースが禁じられている場合もある。各釣り場におけるルールは前もって把握しておくべきである。
釣られた魚は釣師との戦いを経て身体および恐怖のストレスにより疲労しきっている[要出典]。水に戻す際には両手で魚体をやさしく包むようにし、無事に泳げるかどうか確認しながらそっと放流することが礼儀[要出典]である。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきキャッチアンドリリース – Wikipediaより転載したものです。