赤貝 (あかがい)

分類:

フネガイ目フネガイ科に属する二枚貝の一種。イシダイやイシガキダイ釣りに使用されることが多い。

アカガイ

アカガイ(赤貝、学名Anadara broughtonii (Schrenck, 1867)[1]、英名Bloody clam)は、フネガイ目フネガイ科に属する二枚貝の一種。
内湾の潮間帯や浅海の砂泥底に浅く潜って生息し、殻には42本前後の放射肋がある。他のフネガイ科の二枚貝と同様、呼吸色素がヘモグロビンと同様に鉄ポルフィリンを補欠分子団とするエリトロクルオリンのため、血液が赤く、これが和名の由来となっている。

このコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC BY-SA 3.0に基づきアカガイ – Wikipediaより転載したものです。