テーマ別

トップページ>魚図鑑>>コモンサカタザメ(小紋坂田鮫)

コモンサカタザメ(小紋坂田鮫)

写真提供 : キワ☆プロ 様
写真提供 : キワ☆プロ 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類サカタザメ目サカタザメ科サカタザメ属
別名サカタ、カイメ、ケイメなど
英名Ringstreaked guitarfish
由来「コモン」は体表にある小さな斑紋模様に由来するが、「サカタ」に関しては詳細は不明である。

分布

南日本の沿岸域

似ている魚との見分け方

サカタザメによく似ているが、コモンサカタザメはサカタザメほど吻が尖らないこと、背面に小さな斑紋模様があることなどで見分けることができる。

毒や危険性について

名前のにサメと付いているがエイの仲間である。しかしエイ特有の毒はない。

体表がいわゆるサメ肌でザラザラしているので素手での取り扱いには注意しよう。

食性

肉食性で小魚や甲殻類などを捕食している。

食味

捌き方 ※ここでは形状の似ているアカエイの捌き方を紹介する。
  1. タワシなどを使い両面のヌメリを丁寧に落とす。(塩を使っても良い)
  2. 左右のエイヒレ部分のみを切り落とす。
  3. 切り取ったエイヒレの皮をペンチなどを使い剥ぐ。
  4. 切り取り残った中心胴体部の切り口からキモを取り出す。

ヒレはフカヒレの代用として使われることもある。
料理湯引き、から揚げ、煮つけ、汁物、練り物、フカヒレなど。

ミキサーをお持ちであれば練り物をおすすめしたい。

釣りについて

釣り方

タイラバ

狙って釣ることは難しい魚である。

コモンサカタザメは沿岸域の砂泥底に生息しており、狙って釣ることは難しいがマダイやホウボウ釣りの外道として釣れることがある。

砂泥底に生息しているため、縦のシャクリというよりも横にスライドさせるようなシャクリが有効だ。

タイラバはエサを付け替える必要がないため手返しは良いが、その時の水深や潮の強弱によって重さを変えていくのも釣果を伸ばすコツとなることを覚えておこう。

連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第1回 タイラバ(鯛ラバ)とは?】
釣れる時期
タックル

タイラバ

タイラバ用タックルが良い。

ロッドは6フィート前後で60~120号のタイラバを背負えるもの、リールは小・中型両軸リール、ラインはPE0.8~1号前後、リーダーはフロロカーボンの2~3号が使いやすい。

海底付近でのアクションを多様する釣り方なため、根がかりやライントラブルなどの問題を視野に入れ、リーダーやタイラバなどの予備を準備しておくと良い。

連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第2回 タイラバロッドの選び方】
ルアー・餌タイラバ

連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第5回 タイラバの選び方】

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー