テーマ別

トップページ>魚図鑑>>タマガンゾウビラメ (玉雁瘡鮃、玉雁瘡平目)

タマガンゾウビラメ (玉雁瘡鮃、玉雁瘡平目)

写真提供 : 岡 宗太郎 様
写真提供 : 岡 宗太郎 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類カレイ目ヒラメ科ガンゾウビラメ属
別名ガンゾウ、ガンゾウヒラメ、デベラ、ヒガレイ、ジナイガレイなど
英名Fivespot flounder
由来「タマ」は体表にある特徴的な5つの斑点模様から由来し、「ガンゾウ」は鳥の雁が飛来する時期に流行していた皮膚病のような体表に由来する。

また、「ビラメ(ヒラメ)」の「ビラ(ヒラ)」は魚体が平らであることに由来し、「メ」は魚の接尾語として用いられる。

分布

北海道以南~九州地方

似ている魚との見分け方

ヒラメ類は外見がよく似ているが、本種は体側を挟んで5つの斑点模様があることから容易に見分けることができる。

毒や危険性について

毒は無いが、歯が非常に鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で、多毛類や甲殻類などの底生動物、小魚などを捕食している。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているヒラメの捌き方を紹介する。

  1. ヒレの内側に中骨の深さまで切り込みを入れておく。
  2. 背骨に沿って切り込みを入れ、身の端を持ちながら中骨に沿って身を切り離す。
  3. これを両側、合計4回繰り返す。
  4. ヒラメは腹骨の付き方に特徴があるため、身についている骨を取り除く。

ヒラメやカレイ類などのフラットフィッシュでは通常の魚と異なり、「5枚下ろし」が必要である。

背側、腹側、そして縁側(えんがわ)で味が異なるので食べ比べてみるとおもしろい。
料理干物、から揚げ、刺身など。

本種の干物は高級品の一つであり、干物を燻ったものは非常に美味である。

連載:釣った魚を美味しくする技術【第3回 一夜干し】
釣った魚は綺麗に盛ろう! 美しい「姿造り」の作り方

釣りについて

釣り方

タイラバ

本種は水深100m前後の砂泥底の海域に生息しており、専門で狙って釣ることは難しいが稀にマダイやアマダイ、ホウボウ釣りの外道として釣れることがある。

タイラバではエサを付け替える必要がないため手返しは良いが、その時の水深や潮の強弱によって重さを変えていくのも釣果を伸ばすコツとなる。

連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第1回 タイラバ(鯛ラバ)とは?】

船釣り

釣り方は常に餌がボトム付近を漂うようにしながら、時折仕掛けを上下させて誘いを入れる。その際にオモリで砂煙を起こしてアピールするのも重要だ。

3本鈎か2本鈎仕掛けを用いて、小型のスネーク天秤などを使いながら上鈎で誘い下鈎で食わすようにしよう。
釣れる時期年間を通して釣ることができる。
タックル

タイラバ

タイラバ用タックルが良い。

ロッドは6フィート前後で60~120号のタイラバを背負えるもの、リールは小・中型両軸リール、ラインはPE0.8~1号前後、リーダーはフロロカーボンの2~3号が使いやすい。

着底をさせる釣り方のため、根がかりやライントラブルなどの問題を視野に入れ、リーダーやタイラバなどの予備を持って行くようにしよう。

連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第2回 タイラバロッドの選び方】

沖釣り

沖合いでの釣りのため、不意の大物に備えて船釣り用のタックルを揃えることをおすすめする。

竿は30~50号のオモリ負荷に耐えられる先調子の1.5~2m前後のもの、中型ベイトリール、道糸はPE1~2号程度、ハリスはフロロの4号前後のものを使うと良い。また、大物専門で狙う場合はサイズに合わせたタックルや仕掛けで挑んでほしい。

オモリは40号のナス型オモリをメインに潮流の強さで調整しよう。鈎はカレイハリや丸せいごの11~13号前後のものを使いやすい。
ルアー・餌タイラバ、オキアミ、むきエビ、イワイソメ、アオイソメなど。

タイラバは海況によって使い分けられるように60~120gのものを数個用意し船長の指示に従うと良い。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー