テーマ別

トップページ>魚図鑑>>メガネモチノウオ (眼鏡持之魚)

メガネモチノウオ (眼鏡持之魚)

写真提供 : tk84 様
写真提供 : tk84 様
写真提供 : tk84 様
写真提供 : tk84 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ベラ科モチノウオ属
別名ナポレオンフィッシュ、ヒロサーなど
英名Napoleon fish, Humphead wrasse
由来「メガネ」は眼の後方にメガネのつるのような黒筋模様があることに由来するが、「モチノウオ」に関して詳細は不明である。
また、別名のナポレオンフィッシュに関しては大きな頭部が、ナポレオンの帽子をかぶっている様を彷彿させることに由来する。

分布

琉球諸島

似ている魚との見分け方

メガネモチノウオは世界一大きいベラ科の魚であり、似ている魚は存在しない。

前の通り眼の後方に黒筋模様が二本あることなどが特徴である。

毒や危険性について

老成魚はシガテラ毒の危険性があるとの情報もあるが詳細は不明である。

シガテラ毒は神経毒で、フグの毒の数十倍強いと言われており、中毒症状は下痢、嘔吐、筋肉痙攣、血圧低下、ドライアイスセンセーションなどが挙げられる。

このような症状が発症したら至急病院に急行し、専門の治療を受けること。

食性

肉食性で、甲殻類や軟体動物などを好んで捕食する。

食味

捌き方
料理古くからその魚体の大きさから長寿や不老不死のシンボルであり、高級食材として取引されていた。そのため乱獲が進み個体数が激減している魚種の一つである。

本種は「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」(ワシントン条約)において付属書IIの種に、環境省レッドリストにおいて絶滅危惧種ⅠB類に指定されている魚種のため、リリースすることをおすすめしたい。

釣りについて

釣り方

オフショアキャスティング

メガネモチノウオは比較的浅い海域のサンゴ礁域に生息しており、大型の個体は単独で遊泳している。

狙って釣ることは非常に困難であるが、沖縄県などではGTを狙っているとごく稀に外道として釣れることがある。

主にトップウォータープラグを竿で箒で掃くよう動かし、ルアーが水飛沫を生じるようにして誘い出す。

マグロも狙える!オフショアキャスティングの始め方徹底解説
釣れる時期
タックル

オフショアキャスティング

GTまたは大型青物用ロッドが良い。

ロッドは9~12フィート前後、船からなら8フィート前後、リールは剛性のある大型スピニングリール、ラインはPE10~15号前後、リーダーはナイロンまたはフロロカーボン150ポンド前後が使いやすい。

強烈な引きで根ずれの危険性があるため強いタックルを使用することをおすすめしたい。リーダーなどの予備を準備しておくこと。
ルアー・餌GT用ポッパー、ペンシル、大型ミノー、メタルジグなど。

大型青物を狙い撃て!おすすめのダイビングペンシル5選
ブリ、ヒラマサ、カンパチ攻略に! おすすめの青物用ミノー5選

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト