テーマ別

トップページ>魚図鑑>>タカハヤ (高鮠)

タカハヤ (高鮠)

佐賀県のタカハヤ
佐賀県のタカハヤ
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類コイ目コイ科ヒメハヤ属
別名ハヤ(混称)、スメラ、ウキ、ハエ、ドロバエなど
英名Upstream Fat minnow
由来「タカ」は不明だが、「ハヤ」は動きが速いことから由来するといわれている。

分布

日本海側では富山県以西、太平洋側では静岡県以西の本州、四国、九州

似ている魚との見分け方

アブラハヤに似ているが、本種はアブラハヤと比べ尾の付け根が太く長いことから見分けることができる。また、本種の体側にある薄黒い縦状模様は薄く、目が小さいことも同時に判別要素となる。

毒や危険性について

特になし。

食性

雑食性で水生昆虫や付着藻類を捕食する。

食味

捌き方
※ここでは、形状が似ている川魚の捌き方を紹介する。
  1. 内臓を取り、頭を落とす。
  2. 腹の中を洗い、水気を切る。

小型の川魚全般に使える簡単な捌き方なのでぜひ習得して欲しい。
料理甘露煮、かき揚げなど。

釣りについて

釣り方

ウキ釣り

河川の上~下流域や湖沼に生息しており、流れのある瀬を好む。

ある程度水深のある淵や流れ込みがポイントになる。本種のいるタナを見つけることから始めよう。

ウキを流し、アタリがあるようならば小さくアワセよう。

ミャク釣り

流れのある瀬がポイントになる。最もポピュラーな釣り方の一つだが慣れるまではアタリを取るのが難しい。

ラインにテンションをかけつつ、流れに餌を同調させるようにすると確実に釣果アップに繋がる。
釣れる時期年間を通して釣ることができる。
タックル

ウキ釣り

ロッドは4~5m前後の渓流竿に道糸はナイロンの0.6~0.8号前後、ハリスはフロロの0.3~0.6号前後のものを直結し、発泡ウキを使い板オモリで浮力を調整すると良い。

針はマス針の5~8号程度のものが使いやすい。

アタリが非常に小さいため、発泡ウキの浮力調整が重要となってくる。水深や流れを考えながらその場で素早く調整ができるようになろう。

ミャク釣り

ロッドは4~5m前後の渓流竿、道糸はナイロン0.6~0.8号前後、ハリスはフロロの0.3~0.6号前後のものを直結しよう。

針はマス針の5~8号程度のものが使いやすい。

アタリが非常に小さいため、道糸などは細めなもので挑もう。感度を求めるならナイロンよりもフロロやPEをおすすめする。
ルアー・餌サナギ、赤虫、ブドウムシ、ミミズなど。

毛バリを使っても面白い。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー