テーマ別

トップページ>魚図鑑>>マハタモドキ (真羽太擬)

マハタモドキ (真羽太擬)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハタ科マハタ属
別名アラ(混称)、クロタカバ、ハタ(混称)、カンナギ(混称)など
英名Eightbar grouper
由来「マハタモドキ」はマハタに非常によく似た魚であることに由来する。

分布

南日本(主に琉球諸島)、伊豆諸島

似ている魚との見分け方

名前の通りマハタによく似ているが、本種の尾ビレ後縁は白縁にならないことから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、背ビレの棘が非常に鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、イカ類、タコ類などを捕食する。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているアカハタの捌き方を紹介する。

  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

本種は歯とヒレが鋭いため素手で触る際は注意が必要である。
料理刺し身、カルパッチョ、味噌汁、鍋物、煮付けなど。

マハタと同じく食味は非常に良い。

釣って楽しい、食べて美味しいロックフィッシュの美味しい調理法まとめ
寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

磯や堤防からルアーで狙うのが一般的である。

ルアーなどを着底させ、沈み根や障害物付近をリフトアンドフォールで細かく狙うため、根がかりに注意が必要になる。

通年狙える高級魚!初心者のためのロックフィッシュゲームの始め方徹底解説

オフショアスロージギング

本種は専門で狙われることはほぼ無く、同じハタ属を狙ったスロージギング釣り時に嬉しい外道として釣れることがある。

スロージギングは最近注目を集めている釣り方で、従来のハードで速いアクションとは異なり、ロッドの弾力を活かして細かくゆっくりとしたアクションで多様な魚種にアピールする釣り方である。

大きく速いアクションでは反応しなかった魚や、活性の低い魚が細かくゆっくりとしたアクションに反応することがあり、本種のような根魚にも有効である。

ジグを着底させたら、1~2秒に1回しゃくると同時に1回リールを巻くペースを基準に、ボトムから20mほどしゃくり上げたら再度ボトムを取り同じアクションを繰り返す。

ジグがゆらゆらとフォールする際のアピール力が強く、フォール中のアタリが多い。

それでも反応が無ければ、しゃくるペースやアクションに変化を付けたり、ジグのカラーや重さを変更するなどの臨機応変さも必要である。

低活性の魚にも効く!「スロージギング」のやり方と、釣れる魚まとめ
パームスプロスタッフ沼田純一が解説する、スロージギングでの真鯛の釣り方
釣れる時期琉球諸島や伊豆諸島では年中狙うことができる。
タックル

ルアー釣り

ロックフィッシュ用タックル、もしくはバスタックルでも良い。

ロッドはロックフィッシュ用、もしくはバスロッドの6~8フィート前後のもの。リールは小型スピニングリールかベイトリール、ラインはナイロンで2~3号程度のものを使うと良い。

ゴロタ場や磯場がメインフィールドで根掛かりが多いためリーダーは無い方が効率が良い。

初心者向けおすすめロックフィッシュ用タックルまとめ
初心者におすすめのロックフィッシュ用ロッド3選【実売1万円台】

オフショアスロージギング

スロージギングではロッドの弾力を利用するため弾力のあるロッドが望ましく、専用のタックルを用意することをおすすめする。

ロッドはジギング用のものか、専用ロッド、リールは小型のベイトリール、道糸はPE1.2~2.0号前後のもの。リーダーはフロロの5~8号前後のものを3ヒロ程取ると良い。

メジャークラフトの「ジグパラ スロー」を使用してヒロセマンがショアスロージギングゲームを展開
シマノのスロー系ジギングロッド「オシアジガー∞(インフィニティ)」に新モデルが追加
ルアー・餌ロックフィッシュ用ワーム(テキサスリグ、ジグヘッドを用いたスイミング)、スロー系メタルジグ、ミノー、バイブレーション、スロージギング用ルアーなど。

迷ったらこれを買おう! ロックフィッシュ(根魚)ゲーム用おすすめルアー5選

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト