トップページ>魚図鑑>テリエビス (照夷)

テリエビス (照夷)

外観・内観写真

写真提供 : 敷田 和哉 様
写真提供 : 敷田 和哉 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 キンメダイ目イットウダイ科イットウダイ属
別名
英名 Samurai Squirrelfish
由来 「テリ」は体表が輝いていることから由来し、「エビス」は体色が「エビスダイ」に近いことに由来すると言われている。

分布

関東地方以南~琉球諸島

似ている魚との見分け方

ニジエビスに似ているが、本種の鰭条は黒くないのに対し、ニジエビスの鰭条は黒いことから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、背ビレの棘が非常に鋭いので注意が必要である。

食性

肉食性で、小型の甲殻類や多毛類などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは形状の似ているエビスダイの捌き方を紹介する。

  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

エビスダイほどではないが、鱗が硬く取りにくいので処理の際はケガに注意しよう。
料理 マース煮、煮物、塩焼きなど。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」
釣り人なら知っておきたい「焼き魚」の綺麗な食べ方

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

サンゴ礁域や温暖な海域の漁港などに生息しており、夜行性のため夜釣りで釣れることがある。

小さな群れで生息しており、一匹釣れるとバタバタと数匹釣れることも多い。

しっかりとコマセを効かせて群れを寄せることがポイントとなる。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
釣れる時期
タックル

サビキ釣り

磯竿を使い本格的に狙うこともでき、エギングタックルやシーバスタックルを転用しても良い。サビキ仕掛けに耐えられる強度があればどのようなタックルでも使える。

ロッドは磯竿の3号程度のものや8~9フィート程度のエギング、シーバスロッド、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロンやフロロの3~5号程度のものを使い、ウキは7~10号程度の浮力のものが使いやすい。

群がる魚たち! 実はこうなっていた「サビキ釣り」の水中映像
ルアー・餌 オキアミ、コマセなど。

公式チャンネル