テーマ別

トップページ>魚図鑑>>キビレキントキ(黄鰭金時)

キビレキントキ(黄鰭金時)

写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目キントキダイ科キントキダイ属
別名キントキダイ(混称)、キントキ(混称)など
英名Miyake bigeye
由来「キビレ(黄鰭)」は胸ビレが黄色いことから生じ、「キントキ(金時)」は鮮やかな赤色の体色が「坂田金時(金太郎)」の「赤ら顔」のようだったことに由来する。

分布

関東地方以南~琉球諸島

似ている魚との見分け方

ミナミキントキやチカメキントキに似ているが、本種は胸鰭が黄色いことで見分けられる。

毒や危険性について

毒はないが、背ビレが非常に鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、小型遊泳生物(プランクトン)を捕食する。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているキントキダイの捌き方を紹介する。
  1. スキ引きで鱗をはがす。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

ウロコが細かく非常に剥がし難いため、青物のようにスキ引きで剥ぎ取ろう。

スキ引きではなく、ウロコを剥がす場合は皮も美しく大変美味しいため、皮は引かず(剥がず)に食べるのが主流となっている。
皮をバーナーで炙ったり、熱湯を掛ける方法もあることを覚えておこう。
料理刺身、煮つけ、塩焼きなど。

また、カマの部分はカマ焼きがおいしい。

連載:釣った魚を美味しくする技術【第2回 昆布締め】
連載:釣った魚を美味しくする技術【第1回 熟成】
釣った魚は綺麗に盛ろう! 美しい「姿造り」の作り方

釣りについて

釣り方

深海釣り

本種は狙って釣ることが難しく、キントキダイ狙い時の嬉しい外道として釣れることがある。

船から胴付き仕掛けやテンビン仕掛で狙うのが主流となっている。

本種は水深が500m付近までにいることが多いとされており、予想外の魚と出会える可能性も高い。

仕掛けを落とし、着底したところからハリスの長さくらい浮かせてアタリを待つ。海底をオモリでノックして誘うが、アタリがあっても直ぐにアワセを入れず、聞きアワセを入れるのが基本となる。

同船した人にアタリがあった場合は、タナの深さや餌などを真似してみることをおすすめする。

タックルや仕掛けは釣り船が用意してくれる(有料)ところも多いので、気軽に確認してみよう。

船釣り初心者必見! 船酔いしないための5つの注意点
釣れる時期
タックル

深海釣り

イカ竿、ビシ竿、船竿などが良い。

釣り船によって差が出るが、竿は2m前後で100号程度のオモリを背負えるもの、リールは中・大型電動タイプ、ラインはPE5~8号前後を300~500m前後巻けるものが使いやすい。

こまめに底をとるため、障害物の多い場所での根がかりに注意が必要だ。必ず仕掛けなどの予備を準備しておこう。

釣り船によって狙う水深や流れが違うため、事前にタックルや仕掛けの相談をするように心がけよう。

船釣りを快適にしてくれるオススメアイテム5選
忘れずに持って行こう! 船釣りで使う小物5選
ルアー・餌イカの短冊、サバの短冊、サンマの短冊、イイダコなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト