テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ウメイロ(梅色)

ウメイロ(梅色)

写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : ジュンコ 様
写真提供 : ジュンコ 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目フエダイ科アオダイ属
別名ヒワダイ、オキタカベ、イエズミ、ウグイス、ウメなど
英名Yellowtail blue snapper
由来体色の黄色が梅の実の色に似ていることに由来する。

分布

関東地方以南~琉球列島

似ている魚との見分け方

ウメイロモドキによく似ているが、ウメイロモドキは本種と異なり背ビレに鱗が無いことで見分けることができる。

また、アオダイとも似るが、本種の尾ビレは深く二叉状(二叉形)になっているのに対し、アオダイの尾ビレは湾入(湾入形)に近いことで見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で動物プランクトンや小魚、甲殻類を捕食する。

釣りについて

釣り方

サビキ釣り(船)

容易な仕掛けで船からの数釣りを楽しむことができ、専用竿も販売されている。

目的のタナまで落としカゴのコマセが広がるように大きくシャクル動作を繰り返す。堤防からのサビキ釣りと同じ要領だ。

本種は琉球列島や伊豆諸島などの温暖な地域の沖合に多く、群れで生息しているため、しっかりとコマセを効かせるとまとまって釣れることがある。

大きなもでは40cmにもなり、強い引きで楽しませてくれる。
釣れる時期温暖な気候を好むため、5~10月が釣りやすい。
タックル

サビキ釣り(船)

船サビキ用のタックルが良い。

ロッドは船竿の1.5~2.5mほどのもの、リールは中型スピニングリールかベイトリール、道糸はPE2~3号前後のものを使い、鈎はムツバリの14号前後を使うと良い。

そこに中型天秤を使ってコマセカゴを付け、しっかりと群れを寄せてあげると釣れやすい。
ルアー・餌コマセ、オキアミなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト