ウスメバル (薄眼張)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目メバル科メバル属
別名 オキメバル、アカメバル、ツズノメバチメなど
英名 Goldeye rockfish
由来 「ウス」は模様がはっきりせず薄いことに由来する。また、「メバル」は他魚種に比べて目が飛び出していることから「目が張る」が転訛し「メバル」になったとされる。

分布

北海道以南~関東地方、日本海側であれば北海道以南~九州地方

似ている魚との見分け方

トゴットメバルによく似るが、トゴットメバルの体表の斑点模様が丸みを帯びるのに対し、本種は不定形であることから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、多毛類を捕食する。

釣りについて

釣り方

ルアー釣り(船)

ウスメバルは他のメバル属と異なり、水深100メートル前後の沖合の岩礁域に生息している。

専門で狙うことは難しいが、カサゴなどの根魚狙いの船釣りで外道として釣れることがある。

タイラバ、インチク、メタルジグ、ソフトルアー(ワーム)で底付近を中心に狙う。ルアーを投入し、着底後は数回しゃくるか巻上げて底から離し、再び着底を繰り返すとバイトを得られやすい。

ボトム付近を釣るため、根掛りが多く発生するので予備の仕掛けを多く用意しておこう。
釣れる時期 年中楽しむことができるが、低い水温を好む傾向にあるため12~4月が特に釣りやすい。
タックル

ルアー釣り(船)

タイラバ竿、スロージギング竿、ボートシーバス竿、バス釣り竿などが良い。

ロッドは7フィート前後、リールは水深に合ったライン量が巻けるベイトリール、小型~中型スピニングリール、ラインはPE1~2号前後またはフロロ16~25ポンド前後が使いやすい。

障害物の多い場所がメインフィールドとなるためある程度強引にやり取りできるタックルが望ましい
ルアー・餌 タイラバ、インチク、メタルジグ、バイブレーション、ミノー、ワーム(テキサスリグ、ジグヘッドリグ)。 餌の場合はサバ・サンマの切り身、キビナゴ、イカの短冊、活きドジョウなど。

公式チャンネル