テーマ別

トップページ>魚図鑑>>シロダイ(白鯛)

シロダイ(白鯛)

写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目フエフキダイ科メイチダイ属
別名シルイユー、ギンダイ、シロタマンなど
英名
由来フエフキダイ科の魚だがマダイのように楕円形で扁平しており、色が白いことから由来するといわれる。

分布

主に南日本に生息しており、九州以南の日本沿岸や小笠原諸島に生息する。

似ている魚との見分け方

本種はメイチダイ属の魚で、メイチダイに似る。

魚体の形は似ているが、メイチダイは縦縞の模様があるのに対し、本種は黒っぽい斑点があることで見分けることができる。

また、本種の尾ビレの縁は赤みがかっていることも同時に判別要素となる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性であり、小魚や多毛類、甲殻類を捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは形状の似ているマダイの捌き方を紹介する。
  1. ウロコを取っていく。
  2. 頭を落とす。
  3. 内臓を取り除く。
  4. 三枚おろしにする。

もう失敗しない! 「魚の皮引き」を綺麗に仕上げるコツ
片付けが楽に! 台所を汚さず魚を調理するコツ
料理刺身、焼物、フライ、ムニエル、カルパッチョなど。

本種は上品な白身の魚であり、どのような料理にも合う魚としても知られている。

釣った魚は綺麗に盛ろう! 美しい「姿造り」の作り方
連載:釣った魚を美味しくする技術【第2回 昆布締め】
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方
白身魚を釣ったら作ろう! 極上の「フィッシュ&チップス」の作り

釣りについて

釣り方

胴突き仕掛け(船)

船から胴付き仕掛けやテンビン仕掛で狙うのが主流となっている。

仕掛けを落とし、着底したところからハリスの長さくらい浮かせてアタリを待つ。海底をオモリでノックして誘うが、アタリがあっても直ぐにアワセを入れず、聞きアワセを入れるのが基本となる。

同船した人にアタリがあった場合は、タナの深さや餌などを真似してみることをおすすめする。

タックルや仕掛けは釣り船が用意してくれる(有料)ところも多いので、気軽に確認してみよう。

初心者は覚えておきたい「船釣りの基本用語」まとめ
船釣り初心者必見! 船酔いしないための5つの注意点
釣れる時期冬は活性が落ちるため、4~10月が釣りやすい。
タックル

深海釣り

船竿などが良い。

釣り船によって差が出るが、竿は2m前後で60号程度のオモリを背負えるもの、リールは中型電動タイプか両軸リール、ラインはPE4号前後を300m前後巻けるものが使いやすい。

こまめに底をとるため、障害物の多い場所での根がかりに注意が必要だ。必ず仕掛けなどの予備を準備しておこう。

釣り船によって狙う水深や流れが違うため、事前にタックルや仕掛けの相談をするように心がけよう。

船釣りを快適にしてくれるオススメアイテム5選
忘れずに持って行こう! 船釣りで使う小物5選
ルアー・餌イカの短冊、サバの短冊、サンマの短冊、イイダコなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト