トップページ>魚図鑑>オヒョウ (大鮃)

オヒョウ (大鮃)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 カレイ目カレイ科オヒョウ属
別名 オガレイ、ササガレイ、ハリバット(混称)など
英名 Pacific halibut
由来 漢字の「大鮃」を「オオヒョウ」と呼ばれており、それが転訛して「オヒョウ(大鮃)」となったという説がある。

分布

東北地方以北

似ている魚との見分け方

大型種のアブラガレイと似るが、本種の側線は湾曲しているのに対し、アブラガレイの側線は湾曲していないことから見分けることがきる。

毒や危険性について

毒はないが、非常に大型種であり、暴れた本種の尾ビレが釣り人に直撃し死亡したケースもある。また、歯が非常に鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や多毛類、甲殻類、イカ、タコなどを捕食する。

食味

捌き方
  1. 裏表共に鱗とヌメリを取る。
  2. 頭を落とす。
  3. 内臓を取り除き、腹の中をよく洗う。
  4. 5枚おろしにして捌く。
  5. 皮をひく。
  6. エンガワを切り取る。

体表の鱗とヌメリはしっかり取っておくこと。
料理 フライ、ムニエル、煮つけなど。

白身魚を釣ったら作ろう! 極上の「フィッシュ&チップス」の作り方
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」

釣りについて

釣り方

ジギング(船)

本種は特に北海道周辺のオホーツク海で狙うことができる。

ジグを着底させると同時に底から跳ね上げるようにジャークするのが一般的であるが、着底後すぐに大型がヒットした場合には底に張り付かれ成す術が無くなることもあるため、大型が出る場合は着底後にすぐジャークは開始せず、リールを3回転ほど巻いてからジャークを始めよう。

底を取ることを繰り返す釣り方であるため、根ががりに注意が必要である。予備のジグやリーダーなどを必ず用意しておこう。
釣れる時期
タックル

ジギング(船)

大型種のため強めのジギングタックルが良い。

ロッドは6~7フィート前後のジギング用、リールはシマノ8000~12000番程度、ダイワ4500~8000番程度、両軸リール(糸巻き量の多いもの)、ラインはPE3~6号前後、リーダーは50~80ポンド前後のナイロンまたはフロロカーボンが使いやすい。

大型青物を狙ってみよう!オフショアジギングの始め方徹底解説
ジギングやGTゲームに耐える抜群の強度! PEラインとリーダーを結ぶ「PRノット」の結び方
ルアー・餌 メタルジグ、タラ用シャクリ棒など。

公式チャンネル