トップページ>魚図鑑>>イソアイナメ (磯鮎並)

イソアイナメ (磯鮎並)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類タラ目チゴダラ科イソアイナメ属
別名ドンコ、アイナメ(混称)、ヒゲダラなど
英名Purple hakeling
由来

分布

北海道以南~九州地方

似ている魚との見分け方

エゾイソアイナメとチゴダラに酷似するが、本種の尻ビレ基部はと第1背ビレ基部より後ろにあり、側線は尾ビレ近くまで伸びている特徴を持つのに対し、エゾイソアイナメとチゴダラにはその特徴がないことから見分けることができる。

「アイナメ(鮎並)」との名が付いているが、カサゴ目アイナメ科の「アイナメ」とはほど遠い種であり、本種はタラ目チゴダラ科であることからわかるように、タラに近い魚である。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、多毛類、イカ、タコなどを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているギンダラの捌き方を紹介する。
  1. 腹を開き内臓を取る。
  2. 頭を落とす。
  3. 3枚おろしで捌く。

身質が柔らかいため潰さないように捌こう。また、鮮度が落ちやすいため新鮮な内に調理しよう。
料理鍋物、フライ、唐揚げ、ムニエル、煮付け、お吸い物など。

寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法
白身魚を釣ったら作ろう! 極上の「フィッシュ&チップス」の作り方
魚の「揚げ物」料理をふっくら美味しく仕上げる5つのコツ
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」

釣りについて

釣り方

餌釣り

ブッコミ釣りや穴釣りで磯のゴロタ場やテトラの際を狙うと良い。ブラクリを使えば簡単にチャレンジできる。とにかく広くポイントを探ることがコツとなる。

誰でも簡単に根魚をゲット! 「穴釣り」のやり方まとめ

スロージギング(船)

専門で狙うことはないが、根魚狙い時の嬉しい外道として釣れることがある。

普通のジギングでは反応しない魚も狙えるのがスロージギングの特徴だ。

スロージギングでのジグ操作は大きく分けて2パターンある。スローピッチでリールを巻きながら、ロッドを小さくしゃくりジグを横方向に飛ばす誘い方と、大きくしゃくってゆっくり落とすロングフォールだ。
2つのジャークはジギングほど早く激しく動かさなくてよいため、体力に自信が無い人でも挑戦しやすい釣り方として人気を集めている。

低活性の魚にも効く!「スロージギング」のやり方と、釣れる魚まとめ
初心者は覚えておきたい「船釣りの基本用語」まとめ
船釣り初心者必見! 船酔いしないための5つの注意点
釣れる時期
タックル

餌釣り

穴釣りを行うならば5~7フィート前後の短いロッドを用意する。リールは小型のベイトリールが望ましいが小型スピニングリールでも良い。 ラインは根ずれが多くなるためPEラインよりもフロロやナイロンラインで2~3号程度のものが使いやすい。

こまめに底をとるため、障害物の多い場所での根がかりに注意が必要となる。必ず仕掛けなどの予備を準備しておこう。

スロージギング(船)

専用ロッドの使用が望ましい。

釣り船によって攻める水深が違うので、一概にオールマイティなロッドとは言えないが、近海での釣りならばジグウエイトが250g前後のものが幅広く使用できる。

こまめに底をとるため、障害物の多い場所での根がかりに注意が必要となる。必ずリーダーなどの予備を準備しておこう。

釣り船によって狙う水深や流れが違うため、事前に相談することをおすすめしたい。

船釣りを快適にしてくれるオススメアイテム5選
忘れずに持って行こう! 船釣りで使う小物5選
ルアー・餌アオイソメ等の虫類、サバの短冊、メタルジグ(スロージギング専用)など。

これで完璧! 4種類の「虫餌の刺し方」の手順まとめ
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法
次の釣行でも使える!虫エサの保存方法まとめ

公式チャンネル

  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト